Dr.松岡の「なるほど!健康学」


健康学 1 Dr.松岡の自己紹介&統合医科学について

健康学 2 患者さんやその家族にてって最善の医療とは?

健康学 3 40歳を過ぎたら生き方全般のリセットを

健康学 4 病にも老いにも明るく向き合う

健康学 5 女性ホルモン「エストロゲン」の減少は、

      女性の体を改善するタイミング

健康学 6 時代は「個の医療・個の予防」

健康学 7 『気づき』で『リセット』

健康学 8 元気で働くヘルシーエイジング

健康学 9 ヒトは120歳まで生きられる

健康学10 1万症例の経験から見えること

健康学11 病気予防のためには

健康学12 脂質代謝のパターンをタイプ分けすると

健康学13 動脈硬化を進める「悪玉脂質」

健康学14 「脂質代謝のタイプ」で自分に合った食事療法

健康学15 健康に大きく作用する脂肪酸

健康学16 健康でいるために重要なのはEPA/AA比

健康学17 不整脈の予防、脂肪の代謝は魚が大切

健康学18 食べ物と病気。食事の黄金バランス

健康学19 病気の予防は腸内フローラを整えること!

健康学20 髪からわかる栄養状態!毛髪ミネラル検査とは?

健康学21 唾液で測るカラダの健康状態

健康学22 カラダの「酸化」と「還元」①

健康学23 カラダの「酸化」と「還元」②

健康学24 食べ物は“もっとも優れた薬”

健康学25 世界中から再評価された和食

松岡瑠美子(まつおか るみこ) 先生

■略歴

医学博士。日本人類遺伝学会

臨床遺伝指導医、臨床遺伝専門医

1972年横浜市立大学医学部卒業

1978年東京女子医科大学循環器小児科助手

1979年ウィスコンシン大学心臓病理科研究員

1981年ボストン小児病院(ハーバード大学医学部小児科)

     循環器科分子細胞生物学部門研究員

2001年東京女子医科大学大学院先端生命医科学研究所講師、同大学循環器小児科講師

2004年同大学遺伝子医療センター講師

2005年同大学国際統合医科学インスティテュート特任教授

2006年同大学大学大学院先端生命医科学研究所特任教授

2008年東邦大学医学部客員教授 

2010年若松河田クリニック院長